株式会社鈴木商店

冷間圧造ねじなら静岡の鈴木商店へ

得意分野 (特殊冷間圧造製品)
いまお使いのネジが安く、早く、更に 品質向上!難しいネジも私たちにお任せください!大きな可能性を秘めた発展途上の新技術「冷間圧造」
冷間圧造とは材料を熱する事なく、常温の素材を高速下で金型に入れ、絞り加工・据込み加工・孔明加工などの工程を用いて、金型の中で圧縮させて形状を作り上げる加工法です。

ネジ画像

01 特殊冷間圧造の利点

切削より優れる!
表面仕上がりも精密金型により研磨肌に近い仕上がりで加工時間の短縮 と、数ミクロン単位の仕上げが可能です。品質のバラつきも少なく、圧造による加工硬化により製品強度もアップし、それらがコストダウンの大きな要素となります。
30%以上のコスト削減
高精度の金型による冷間圧造ねじは、パンチ・ダイスの連続加工により1分間に40~120個以上の生産が可能です。
金型による成形ですので、切粉が殆ど出ない為、材料のロスが少なく、切削品と比較しても 30%以上のコスト削減を目指すことができます。
大幅短縮される製造時間
当社主力仕入先による金型の開発・設計・製造により大幅な生産時間の短縮と徹底した合理化、一貫生産体制により、多品種少量生産にも充分お応えしています。

加工時間も短く、無駄のない材料による圧造加工技術は、省エネルギー産業として、全世界で叫ばれている環境問題にも寄与でき、これからも世界で求められ、進化し続ける技術と私たちは考えています。

製作実績を見る

PAGE TOP

02 特殊冷間圧造の製作工程

下記が、冷間圧造法でネジが作られる工程が解るアニメーションです。クリックすると拡大します。機械によって段数は違いますが、コイル状の材料から切断して、叩いたり絞ったりして一瞬の内に塑性変形させていきます。
段数が多くなればなるほど複雑なネジを作ることができます。
叩く方をパンチ。受ける方をダイスといい、 2×3までをヘッダー 4×4以上を一般的にホーマーと呼びます。
形状の難しさに応じて、ヘッダー、ホーマーを使い分けています。

1×2ダブル 2×3ヘッダー 6×6ホーマー
ホーマー加工工程
ホーマーとは、一般的に5段のパンチと5段のダイスがある機械を云います。材料切断からこの様に変形し、最終的に完成品となります。
材料を切断してから完成までの材料の体積がほぼ変わらずに、作る事が出来ます。それだけ無駄な材料を削ること無く、素材そのものを活かして複雑な形状を一発で作れるのがホーマーの魅力になります。

03 当社のミッション

切削でしか不可能と言われてきた形状をホーマー1発で仕上げる事

当社加工先のヘッダー、ホーマーの技術力は高く、今までは切削でしか不可能と言われてきた形状をホーマー一発で仕上げる事で、数々のコスト改革を実行して参りました。
これらの事例は他社では真似の出来ない形状も多く、技術と経験が成せる技だと自負しております。
もし現在形状が複雑で、コストが高い等でお困りの製品等ございましたら、是非一度弊社にお声を掛けて頂き、チャレンジさせて頂きたく、宜しく御願い申し上げます。